2013年08月28日

見ているだけで暑い

猫の吹き寄せ

IMG_2414.JPG

他にもスペースはいっぱいあるのに…
なぜに、そんなに一箇所に集まっておるのだ?!

ニックネーム はぐみ at 15:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

一周忌

去年の今日、5月16日。
ぴよ太郎くんが、あちらの世界に旅立った日。

苦しいのを楽にしてあげて、
なるべく長く生きてもらえるようにと
連れて行った、病院で
胸水抜去の処置中に、突然逝ってしまって…

あのとき、病院に連れて行かなきゃよかった…と思ったり
でも、連れて行ってなかったら、
もしも家で苦しそうにして死んじゃったら、それはそれで後悔するんだろうな…
どちらにしても、自分を責めていたことだろう。

1年、あっという間だったなぁ…。

ふわふわの、かわいい、あの子は
私の中で、ずーっと生き続けています。




ニックネーム はぐみ at 21:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

仲良し3人組

IMG_2328.JPG

三人そろって、お外を眺めています…

IMG_2329.JPG

「なにっ?!」

振り返るのも、一緒のタイミング〜
ニックネーム はぐみ at 16:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

スリーアミーゴズ

IMG_2068.JPG

こにゃんこずが、きれいに並んでいたので
パシャリ☆
ニックネーム はぐみ at 22:20| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

バナナ猫

この前、ミカンのにおいが大好き♪
しかも、食べる!という記事を書かせていただいた、ぷっぷの助さんですが、
今度は、また違うフルーツが好きだということが判明いたしました。

それは…「バナナ」

おいておいて、ちょっと皮が黒くなってしまったバナナを
食べようとしていたら、
ダッシュでかけよってきて、フンフンフンと一生懸命に匂いを嗅いでいるので、
まさか食べないだろう…と思いつつ、
「ほーれ」とちょっぴり欠片を差し出したところ、
食べるではありませんか!

バナナ食べる猫って、初めて〜!

うちでは、茶色くてピョコピョコすばしっこいので
ぷっぷの助のことを「子ザル」と呼んでいたりするのですが、
バナナを食べるとは…まさにサルです。

IMG_1885.JPG

「フンフンフン…おおっ?! いい匂いがする〜!」


ニックネーム はぐみ at 18:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

陰と陽

IMG_1566.JPG
ニックネーム はぐみ at 09:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

ごろごろ

IMG_1834.JPG

みんな、転がってます。
ニックネーム はぐみ at 20:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

新年のご挨拶

IMG_1824.JPG

あけまして、おめでとうございます。
長らく放置しておりました…すみません…。

というわけで、もんぺ丸さんより
「どーも、すみません」ポーズをお贈りいたします。


ニックネーム はぐみ at 22:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

犯人は誰だっ?!

今朝、起きてから…

夫のベッドのシーツに「う○ち」がくっついていた。

一緒に寝ている、まもっちょ、ぷー、らぶ…の中で

犯人は、一体誰だぁ〜?!


IMG_1563.JPG

「あたしたちじゃないわよねぇ〜??」


ニックネーム はぐみ at 21:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

月命日

ぴよ太郎くん、亡くなって3ヶ月。
今日は月命日。

お盆だけれど…
ぴよ太郎くんの魂の一部は私と一体化しているので、
「帰ってくる」というより、いつも一緒に、いる。

そして、本体の方は(笑)
ちゃーんと、次の移行へと、向かっているのだから。

寂しくないよ〜!
楽しく、頑張っているかな。
そんな、エールを送る、毎日です。

piyo.jpg
ニックネーム はぐみ at 21:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

8時だよ!全員集合!

P7010516.JPG

我が家の4にゃんずが、珍しく全員キャットタワーに集合しておりました。
ニックネーム はぐみ at 15:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

月命日

062.JPG

今日は、ぴよ太郎くんの、月命日。
もう2ヶ月。
まだ2ヵ月。

写真を見ると、今もすぐ傍にいるようで…
身体が無くなってしまったなんて、信じられない感じ…。

ぴよ太郎くん、光の世界で、元気にしていますか。
こちらは、ちびっこさん達がきてくれたので
どうにか、あなたがいなくなったことばかりに意識を集中せず、
前向きでいられます。

今回の人生(猫生)での学びを復習し終わったら
なるべく早く、こちらに生まれ変わってきてください。
また、一緒になれますように。
待っています。


ニックネーム はぐみ at 15:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

猫のパソコン入力

らぶちゃんは、私がパソコンを使っていると、よく近寄ってきます。

先日、パソコンをyahooの画面にし、席を離れていたところ…。
戻ってみると、検索窓に、こんなものが打ち込まれているではありませんか!

IMG_1218.JPG

ひゃーおー!

「いぇーい、わたち、元気よぉ〜♪」ってことかな?!
らぶちゃん、すごいぞ!
絵文字打てるんだね〜^^

P6300503.JPG

らぶ「いまどきの猫は、これぐらい、たしなみですわ…☆」



ニックネーム はぐみ at 17:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

やっぱり、いたー!

前回の初検診のときには、
体温測定をしたときに、体温計にくっついていたチョッピリの便で調べた、検便。
そのときには「問題ナシ!」だったのですが…。

今日、見張っていたところ、まもちゃんがう○ちをしたので
速攻で取り、動物病院に行き、調べてもらいました。

そうしたら…。

やっぱり、出ちゃったんです…虫さん。

マンソン裂頭条虫。
いわゆる「さなだ虫」というヤツです。

先生が「観ますか?」と聞いてくるもので
顕微鏡を見せていただきましたが…
粟粒のような、卵がしっかりありました。

マンソン裂頭条虫は、都会ではほとんど出ないそうです。
なぜなら、カエルがいないから。
そう、きっと、まもちゃんは、一人ぼっちで彷徨っている間、
食べるものがなんにもないため、カエルを獲って空腹をしのいでいたのでしょう。
私もそれを予想していました。
あんなにちっちゃいのに、一生懸命、頑張って捕まえたんでしょうね。
命を維持するためなら、たとえお腹に虫がついたって、食べるよね。
本当に、よく頑張ったよ。
お腹が、ポンポコリンなのも、虫のせいなのかもしれません。

これからは、もうカエルさんは食べなくていいからね。
うちで、たくさん、美味しいごはんを食べてね。


虫を落とすための、注射をしてもらって帰ってきました。

mamo7.JPG

mamo6.JPG
ニックネーム はぐみ at 23:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転がる子猫

love2.JPG

らぶちゃん、すでに、家にめちゃくちゃ馴染んでマス。
ニックネーム はぐみ at 11:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

さらに、新人さん

ぴよ太郎くんの月命日。
6月16日(土)

新にゃんこをお迎えに、ブリーダーさん宅へ、横浜まで出かけてきました。

最初は、また里親で、捨て猫をもらおうと考えていたのです。
けれど、ネットで探して、ピピっときた子は
預かり主さんに連絡をとってみると「既に貰い手が決まりました」というのが何件も続き…。
今回は、ご縁がないのかな??と思っておりました。

ぴよ太郎くんの存在があまりにも大きかったので
フワフワにゃんこじゃなくちゃ、嫌〜! というのと、
今度こそ、長生きしてくれる(確実に健康に育っている)子がいい!…と
夫が、決心をしまして。



love1.JPG

ノルウェージャン・フォレスト・キャットです〜。

名前は「ラヴ美」(らぶみ)。
女子です。
ただいま、2.5ヶ月です。

純血種は、夫は飼うのは初めて。
私は、クリフくん以来、久しぶりです。

まもちゃんと、いい遊び相手になってくれています。
ニックネーム はぐみ at 08:45| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

お名前決定

奇跡の子猫。

ぴよ太郎くんの代わり…ではありませんが。
新しい命が、我が家を選んでやってきてくれました。
ぴよ太郎くんが、導いてくれたのかもしれませんね。

病院のお医者さんに
「…飼うんですか…??」と聞かれたけれど。
わざわざ保護して、また捨てるわけ、ないでしょう〜。

というわけで。
新しい家族の一員になりました^^

名前は…
保護した日に、私もものすごく安堵して、
お膝の上にのっけて、なでなでしながら
「大変だったね〜。よくがんばったね〜」と話しかけていたら
ボロボロ泣けてきて。
そのときに、頭の中(心の中、かな)に、ふっと浮かんできた名前。

「まも」ちゃん。
護られている、まもです。
正式名称は「マモエル」です。
エル=天使、という意味を持つ言葉。
天使に護られている、まもちゃんです。

病院で、推定月例は1ヶ月〜一ヵ月半ぐらいの間でしょう…ということでしたので、
お誕生日は、ぴよ太郎くんとお揃いの、こどもの日「5月5日」にしました。

mamo2.JPG
ニックネーム はぐみ at 13:04| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

奇跡の子猫(5)

チビにゃんこさんを保護した当日は、病気や虫などがあるといけないので
もんぺ丸さんとは別の部屋に隔離。

そして、翌日、獣医さんに連れて行きました。
ぴよ太郎くんの亡くなった病院です。
先生は「心を痛めているのに、よく来てくださいましたね」と
申し訳なさそうにしていました。
いえいえ。
先生は、とてもよくしてくださいましたから。
ぴよ太郎くんに贈ってくださった、お花のお礼を言って…。

おチビさんの健康診断をしていただきました。
結果は以下のとおり。

・検便 → 問題なし(寄生虫なし)
・血液検査 → 猫エイズ陰性
・ノミ・ダニ → なし
・耳ダニ → なし
・目 → 正常
・皮膚 → 正常

と、パーフェクト〜!!な健康体で、これまた、ビックリ。
正直、こんなムワムワした湿気いっぱいの時期なので、
ノミやダニは普通にいるだろうな、と思ったし、
ずっと外をさまよっていたので、寄生虫もいるだろうな…と覚悟していましたから。
まるで、なにか見えないバリアに包まれていたかのように、とてもキレイに健康だったのです。

…やっぱり、やっぱり、天使たちに護られていたんだね〜!!!!
よかった〜!!

mamo1.JPG
ニックネーム はぐみ at 16:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

奇跡の子猫(4)

6月12日(火)。
その日も、小雨が降っておりました。

夕方、食材の買い物にでかけ、
家に戻ってくると、玄関のところに、外猫トラやんが来ていました。
ごはんをあげるね〜、と用意していると…
なにやら、ニャーニャーと声がするではありませんか。

あ、あのチビにゃんこの声だ…。
でも、なんだか隣家の庭からではないような。
まさか、宣言どおり、うちの横の、林に投げ込まれた???

耳をすませ、あちこち移動して、声の出所を探してみると…
なんと!
どうやら、うちの駐車スペースから声がするようなのです。
「え?!!!」と思って、車の下を覗き込んでみると…


いたーーーー!
いました!!

なんと、うちの庭に来ていたのです!

でも…どうやって??

前にも書いたように、
隣家は家よりも土地が一段低いのです。
大人でも登れない高さです。
そこを、どうやって、うちの庭に移動してきたのでしょう?!
いくら考えても、不思議〜!!

きっとお願いしておいたトラやんと
守護天使たちがつれてきてくれたのに違いありません。

このチャンスを逃したら…後はない。
今日この解きが、私に与えられた機会。
そんな確信がありました。

なにしろ、警戒心が強い子で、
人間の姿を見ると逃げちゃうので…

焦らないようにして。
ゴハン(缶詰)の匂いで、誘い…
出てきたり、ひっこんだりすること、1時間半。

ようやく、チビにゃんこを確保することに、無事成功いたしました!!!!!!

この1週間、ずっと心を痛めていたので、
やり遂げた感と安堵とで、ホッとしつつ、ドッと疲れが…(笑)


ニックネーム はぐみ at 20:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月命日

ぴよ太郎くんが亡くなって、今日で一ヶ月。

まだ一ヶ月しか経っていないんだ…という思いと。
もう一ヶ月も経ったんだ…という思いと。
複雑に交錯しています。

なんで死んじゃったのよー!!という悲しみではなくて…
ああ、そうか…もう地球上からはいなくなったんだよね…という、しんみりした、寂しい感じじです。

亡くなった当初の、気が変になりそうな悲しさは通り越していますが、
やっぱり、寂しいもんは、寂しいのです。
それは、それだけ、ぴよ太郎くんのことが大切だったからですね。

そういえば…。
チビにゃんこを保護した日の明け方見た夢が、とても印象的だったのです。

〜糠床のような、赤茶色の土を入れた大き目の箱の底のほうに、
ぴよ太郎くんのカラダを埋めてあって。
それを、手をつっこんで、探っているのです。
もしも、ドロドロになっていたら、どうしよう(T_T)と、ちょっとビクビクしながら探っていたのですが、ぴよ太郎くんのカラダしっかり分解されたようで、もうどこにもなくて、ただ、ポロポロとした土だけが箱の中にあったのでした〜

夢の中では、それがわかって、ほっと安堵すると同時に、
ああ、とうとう身体も還っていったんだね…と、切ない寂しさも感じていました。

現実にも、庭の土に埋めましたが、
もう、きっと、分解されてなくなっている頃かもしれません。
そして、これは光の世界のぴよ太郎くんからの
「もう、ボクはしっかりと別の次元に移行したから、安心して!」というメッセージなような気がしてなりません。



ニックネーム はぐみ at 09:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする