2012年06月13日

奇跡の子猫(1)

前回の記事に書いたこねこ、
結局、あの後もずっと鳴き声が聴こえてきていて…。

でも、それは、隣家のお庭から。
隣家は、敷地内に4件ぐらい一族の家が建っている
それはもう広い土地なのです。
そして、たくさん植物が植わっているので、ジャングル状態。
そんなひろーい敷地に居る子猫を、探し出す…というのは至難の業。

本当は「子猫を保護させてください」とお願いしに行こうかとも思ったのですが。
そんなひろーい、ひろい敷地のどこにいるのかも分からない子猫を探すのは
無理だよねぇ…と思い、諦めていました。

ちょうど、その庭に子猫の姿をみかけたときに
隣家のおばあさんがでてきて。
子猫に近寄っていったので、てっきり優しく保護してくれるのか…と
ホッとしたのも、つかの間。

シッ!シッ!!と、追い立てているではありませんか。
ガーン…
あんなちっちゃい子なのに…。

うちの庭にいれば、保護できるのに!!!
そんな思いで、歯噛みしておりました。

(つづく)

ニックネーム はぐみ at 20:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント