2012年05月23日

また会う日まで…

昨日の初七日の夜のことです。

さぁ、寝よう…と思って床についたら
どこからか、ふわーりと、お線香の香りが漂ってくるのです。

夜にはお線香あげていないし…
昨日はとても寒い夜だったので、窓も締め切っていて、
近所のお宅から流れ込んでいるわけでもありません。

あぁ、これはぴよ太郎くんからの合図だ…
いよいよ、旅立ちの時がきたんだねぇ。
あちらの世界へと、いってしまうんだねぇ…。

いってらっしゃい。
あちらの世界で、ゆっくり休んで、
今回の人生をふりかえって
いろいろ学んで、
そして、次の人生での課題を設定して
また、こちらの世界に戻ってきてください。

でも、魂は自由だから
ときどきは、呼んだら、私にのところにも会いにきてね。

心の中で、そんな風に目には見えないぴよ太郎くんの存在と会話をしていたら
フサフサの毛が生えた、ふわふわの猫の手で
優しくふわりと、顔を撫でられた…

ばいばい、またね!
ぴよ太郎くんは、笑顔で旅立っていきました…



ニックネーム はぐみ at 14:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント