2012年05月22日

ココロほぐしと気付き

今日はヨガ教室に行ってきました。

悲しみって、人の身体をガチガチに固めてしまうんだ、ということが
今回自分の体験を通して、ものすごくよく理解できた。

ヨガで、ゆっくり、じっくり、
ガッチガチに固まった身体をほぐしていたら…
心も少し、ほぐれてきたのかな…

最後のシャバアーサナのときに
こんなことが浮かんできた

☆ ☆ ☆

ぴよ太郎は、やはり本人にとって、とてもベストなタイミングで往けたんだ。
だって、最後の日に抜いた胸の水は、真っ黒で…
液がなかなか抜けないぐらい、糊っぽい塊もあって…

前の病院の先生には
「肥大型心筋症は、そのうち血栓ができて、それが上半身に回ると即死、
下半身に回ると、足の血管が詰まってしまうので、本人はのたうちまわるぐらい
痛みが出て、泣き叫んだりするので、安楽死させることが多い」と
告げられていたんだよね。

あのまま、もしその日無事に胸水が抜けて
家に帰っていたとしても、あんなに血糊が出来ていた血だったならば
それこそ、数日のうちに、血栓が流れ出ていたのではないかな…。
頭に回って、即死…というのも、嫌だし。
脚が気がおかしくなるほど痛んで苦しむのも、嫌だ。
かといって、安楽死はさせるつもりはなかったし。

そういう「更に困った事態」になる前に
きっと「今だ!」って、自分で選んだんだなぁ…。
ぴよ太郎くん、最期まで賢い子だったねぇ…
さすがだねぇ…


080701 015.jpg

最初は、こんなちびっこでした。
いたずらしちゃうぞー、という表情がカワイイ^^

ニックネーム はぐみ at 15:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント