2012年05月18日

その夜

主人が会社から帰ってきて。
二人で、泣いたり、泣き止んだり。
また、泣いたり。
ぼんやりと、ぴよ太郎の身体を眺めては…
ググーッと悲しみがこみ上げてきて、また泣いて…。

そんな時間をすごしていました。

私は朝から何も食べていなくて。
食欲もなかったけれど。
ぴよ太郎と一緒に食べられる、最後の晩餐だから。

お茶碗に軽く1杯、ごはんにお茶をかけて、梅干とともにいただきました。
食べ物を食べるって…生きるってことだね。
ぴよ太郎くんは、亡くなる前、大好きなお刺身も口にできなくなっていたものね。
身体にエネルギーを入れるのを止め、身体のスイッチを切って旅立つための準備をしていたのでしょう。
食べられるって、すごいことなんだね。

主人が「今夜は、ぴよ太郎と一緒に寝る」と言い、
私もそうするつもりだったので
寝室から布団を運んできて、居間に敷き、
ぴよ太郎くんと同じ部屋で寝ました。

もっと、泣いて眠れないのかな…と思っていたけれど
意外と眠れてしまった…。
それでも、夜中に何度も目が覚めて。

夢の中で、ぴよ太郎に会えるかな?と期待したけれど
見た夢は「世界の人たちが陸地ではなく、船の上ですごすようになった地球上で、
毛染めをしていたら、大津波が襲ってきて、人類滅亡しそう」という夢や
「野菜が安い市場に連れて行ってもらって、ものすごく大きなブロッコリーやキャベツが、ひとつ2円とかで売っていて、大いに盛り上がる」といった
ぜーんぜん関係ない夢しか見なかったのでした。
ガックリ…。

それにしても。
2日前に観ていた夢「病気の猫を、生きている間に私が自ら手にかけ、鍋にして食べることにより、私の中に命をとりこみ、つないでゆく」というのが
ある意味、しっかり予知夢だったんだなぁ…。
潜在意識が教えてくれていたのです。








ニックネーム はぐみ at 12:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント