2011年07月21日

動物愛護法改正されるといいな

◇動物愛護管理法改正案

 ・午後8時以降の展示を禁止
 ・インターネット販売では現物確認、対面での説明と販売を義務づけ
 ・移動販売の業者に感染症対策と個体識別による追跡の徹底
 ・オークション、老犬・老猫ホームを規制対象に追加
 ・生後一定期間の販売禁止

まだまだちっちゃな生まれたばかりで親から引き離されたり
夜遅くまで店頭で展示されていたり
ネットやオークションなど、実物を見ないで購入のやりとりがされたり

…もし、これが人間の子どもだったとしたら???
奴隷、またはそれよりもひどい扱いです。
なのに、動物だと、それが平気でまかりとおっている。

ブリーダーでも、まだ若いうちから繁殖させられて、
毎シーズンごとに子どもを生まされるから、母体はボロボロ…
それも、奴隷以下な扱いですよね…

本当は町のペットショップなんか、なくなればいいのに。
そして、動物を飼うための厳しい条件や資質をパスした人だけが
ペットを飼えるようにしたら…

お店で勢いで買っちゃったのはいいけれど、飽きちゃったり、
世話が面倒、しつけがうまくできなかったり、
思っていたのと違う性質をもっていたから扱えなくなったり、
引越しや結婚、病気などで、
カンタンに捨てたり、保健所に持ち込む…
そんな悲しい目にあう動物さんの数も、もう少し減るのではないかな…。

ニックネーム はぐみ at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント