2010年05月14日

おかしな世の中

プロ棋士の方が、野良猫にえさを与えていたことに対する判決で「えさやり禁止」「賠償金200万円」という判決が出ましたね。
変な時代になっちゃったもんだな…と思ったのは、私だけ?

猫に糞をされて匂いが嫌なのだったら、すみやかに片付ければいいだけのことではないかしら…。
えさをやったら、野良猫が増えて困る!といっても、猫が大繁殖して人間に重大な被害が〜!なんてことは聞いたことがないですし…。
(そもそも、野良猫ちゃんは寿命が短いのです…)
鳴き声がウルサイ…って、おばちゃんの立ち話の声のほうが、よっぽど気になるわ!

以前の日本だったら、地域の人たちで、町ぐるみで、猫と共に暮らしていた…そんな大らかな気持ちと、ゆとりがあったように思うのですが。
今は、猫1匹たりとも存在することを許さない、心の狭い、冷たい人間ばっかりになってしまったんでしょうか。
野良猫は、飢え死にさせて、いなくなればいいさ、ということなのでしょうか。ずいぶんと殺伐とした世の中になったものですね。

もちろん、猫が嫌いな人もいるかとは思いますが。
そういう個人の「好き」「嫌い」という感情が問題なのではなくて…。

人間だけがのさばって暮らす世界=正常なのかな??

私は、野良猫が1匹もいない町…には、住みたくないなぁ。

ニックネーム はぐみ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2078111
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック