2012年10月25日

猫に錠剤

避妊手術を終えた、マモエル。

化膿止めなど、お薬が3種類でています。
先生に「水薬と錠剤、どっちがいいですか?」ときかれて
水薬はどうやってあげるのか?聞いたところ。

スポイトで口の端から流し込む…だって!

そりゃ、無理だ!
絶対に、嫌がって途中でベーッて出しちゃうでしょうねぇ…

というわけで、錠剤にしてもらいました。

ここで、あの「ぴよ太郎くん」が否が応でも思い浮かばざるを得ません。

お薬、断固、拒否!

二人がかりで押さえつけて、口に入れるのが、一苦労。
手でグィーーっと押しのけようとするわ、
ひっかくわ、
じたばた大暴れするわ、
意地でも口を開けないわ。

ようやく、口をこじあけたとしても
薬を、舌で押し出す!
一瞬芸のように、薬を口の中に投入して、急いで口を閉じさせても
口の中で(飲み込まずに)堪えている。
そして、泡ぶくぶくのヨダレとともに、吐き出す…。

猫に錠剤を飲ませるのって、めちゃくちゃ骨が折れる!
そんな、大仕事だったのです。

マモエル、朝晩3錠ずつ…1日計6回を7日間かぁ…
うぇ〜。
想像するだけで、疲れるわぁ…。

そう、思っていました。

そうしたらですね。
マモっちょの場合。
実際やってみたら、「へ??」と拍子抜けするぐらい、簡単だったのです。
お口を開けると、そのまま「アーン」と開けたままにしてくれるので
舌の奥に薬を入れることができて。
そのまま、口を閉じさせて、顎の下をなでなですると
素直に、ゴックン!と、飲み込んでくれるのです〜!!

ぴよ太郎の、あの苦労は、一体なんだったんだ〜?!

マモっちょも、もしかしたらオトナになったら
嫌がっちゃうのかもしれないけれど…。
今のところ、とっても楽勝でお薬を飲んでくれるので
とっても助かっています。


IMG_1617.JPG

IMG_1618.JPG

IMG_1619.JPG

とってもいい子ちゃん!!



ニックネーム はぐみ at 21:58| Comment(0) | マモエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする