2012年06月14日

奇跡の子猫(2)

隣家では、追い払われて、厄介者扱いされている子猫。
うちの庭に来てくれれば、保護できるのにな…。

そこで、毎晩、守護天使に頼みました。
「もし、あの子が、私たちの保護を必要としているのなら、
うちの庭に来るよう、サポートしてください」

また、うちにゴハンを食べに来る
外猫・トラやんにも、声をかけて、お願いしておきました。
「今度くるとき、あのチビっこも一緒に、連れてきて!」

それでも、相変わらず、隣の庭から
ときどき聴こえて来る、鳴き声…。

梅雨シーズンに入り、雨でびしょびしょになったり
気温も寒いぐらいにグッと下がったり…
あの小さい身体で、どれぐらい持つのか…
どうか、どうか、命をお守りください…

そんな日々が、続きました。

(つづく)

ニックネーム はぐみ at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする