2012年06月30日

森の妖精

IMG_1148.JPG

ノルウェージャンフォレストキャットは、
別名「森の妖精」と称されるニャンコだそうです。

森の妖精…
ノルウェーの森には、こんな可愛いのが、住んでいるのでしょうか?

ニックネーム はぐみ at 14:39| Comment(0) | ラヴ美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

だっこちゃん

IMG_1156.JPG

ぷっぷの助は、人が椅子に座っていると
近寄ってきて、すぐに膝の上に飛び乗ってきます。
そして、そのまんま、スヤスヤ…。

甘えっこちゃんです^^
ニックネーム はぐみ at 18:37| Comment(0) | ぷっぷの助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

日の目を見る

mamo4.JPG

mamo5.JPG

今まで、もんぺ丸さんもぴよ太郎くんも使ってくれなかった(T_T)
ニャンコ用のカゴ、
まもちゃんが気に入ってくれています♪

カゴさん、ようやく日の目を見られて良かったね〜。
ニックネーム はぐみ at 16:46| Comment(0) | マモエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

やはり…

IMG_1087.JPG

後ろ足がかわいい、ラヴちゃん
ニックネーム はぐみ at 16:54| Comment(0) | ラヴ美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

猫のカワイイ部分

IMG_1099.JPG

猫の「カワイイ部分」をご堪能ください(笑)
ニックネーム はぐみ at 20:52| Comment(0) | ぷっぷの助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

似てません?

mamo3.JPG

まもちゃんの姿を見ると…

580962_hedgehog.jpg

ハリネズミにソックリ!と思ってしまうのは、私だけ??
ニックネーム はぐみ at 22:48| Comment(0) | マモエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

床に広がる子猫

love3.JPG

ラヴちゃん、後ろ足がなんともキュートです♪
ニックネーム はぐみ at 20:45| Comment(0) | ラヴ美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

さらに、さらに、新人さん

朝早く、新幹線に乗り、兵庫県のブリーダーさん宅まで
迎えに行って参りました。

IMG_1110.JPG

ソマリの男の子です。
2.5ヶ月です。

名前は「ぷっぷの助」です。
よろちくね☆

ぴよ太郎くんが虹の橋を渡ってから、
生活の中に、ふわふわニャンコがいない喪失感に苛まれていて…。
夫が「ぴよ太郎くんの穴を埋めるには、1匹じゃ、足りない!」ということで
2匹お迎えするよう、手はずを整えていたのです。

そしたら、まさかの、まもちゃん救助。
ま、2匹も3匹も、一緒ですわ(笑)
むしろ、今では、まもちゃんもいてくれて良かったなぁ…と思っています。
ニックネーム はぐみ at 23:41| Comment(0) | ぷっぷの助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

やっぱり、いたー!

前回の初検診のときには、
体温測定をしたときに、体温計にくっついていたチョッピリの便で調べた、検便。
そのときには「問題ナシ!」だったのですが…。

今日、見張っていたところ、まもちゃんがう○ちをしたので
速攻で取り、動物病院に行き、調べてもらいました。

そうしたら…。

やっぱり、出ちゃったんです…虫さん。

マンソン裂頭条虫。
いわゆる「さなだ虫」というヤツです。

先生が「観ますか?」と聞いてくるもので
顕微鏡を見せていただきましたが…
粟粒のような、卵がしっかりありました。

マンソン裂頭条虫は、都会ではほとんど出ないそうです。
なぜなら、カエルがいないから。
そう、きっと、まもちゃんは、一人ぼっちで彷徨っている間、
食べるものがなんにもないため、カエルを獲って空腹をしのいでいたのでしょう。
私もそれを予想していました。
あんなにちっちゃいのに、一生懸命、頑張って捕まえたんでしょうね。
命を維持するためなら、たとえお腹に虫がついたって、食べるよね。
本当に、よく頑張ったよ。
お腹が、ポンポコリンなのも、虫のせいなのかもしれません。

これからは、もうカエルさんは食べなくていいからね。
うちで、たくさん、美味しいごはんを食べてね。


虫を落とすための、注射をしてもらって帰ってきました。

mamo7.JPG

mamo6.JPG
ニックネーム はぐみ at 23:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転がる子猫

love2.JPG

らぶちゃん、すでに、家にめちゃくちゃ馴染んでマス。
ニックネーム はぐみ at 11:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

さらに、新人さん

ぴよ太郎くんの月命日。
6月16日(土)

新にゃんこをお迎えに、ブリーダーさん宅へ、横浜まで出かけてきました。

最初は、また里親で、捨て猫をもらおうと考えていたのです。
けれど、ネットで探して、ピピっときた子は
預かり主さんに連絡をとってみると「既に貰い手が決まりました」というのが何件も続き…。
今回は、ご縁がないのかな??と思っておりました。

ぴよ太郎くんの存在があまりにも大きかったので
フワフワにゃんこじゃなくちゃ、嫌〜! というのと、
今度こそ、長生きしてくれる(確実に健康に育っている)子がいい!…と
夫が、決心をしまして。



love1.JPG

ノルウェージャン・フォレスト・キャットです〜。

名前は「ラヴ美」(らぶみ)。
女子です。
ただいま、2.5ヶ月です。

純血種は、夫は飼うのは初めて。
私は、クリフくん以来、久しぶりです。

まもちゃんと、いい遊び相手になってくれています。
ニックネーム はぐみ at 08:45| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

お名前決定

奇跡の子猫。

ぴよ太郎くんの代わり…ではありませんが。
新しい命が、我が家を選んでやってきてくれました。
ぴよ太郎くんが、導いてくれたのかもしれませんね。

病院のお医者さんに
「…飼うんですか…??」と聞かれたけれど。
わざわざ保護して、また捨てるわけ、ないでしょう〜。

というわけで。
新しい家族の一員になりました^^

名前は…
保護した日に、私もものすごく安堵して、
お膝の上にのっけて、なでなでしながら
「大変だったね〜。よくがんばったね〜」と話しかけていたら
ボロボロ泣けてきて。
そのときに、頭の中(心の中、かな)に、ふっと浮かんできた名前。

「まも」ちゃん。
護られている、まもです。
正式名称は「マモエル」です。
エル=天使、という意味を持つ言葉。
天使に護られている、まもちゃんです。

病院で、推定月例は1ヶ月〜一ヵ月半ぐらいの間でしょう…ということでしたので、
お誕生日は、ぴよ太郎くんとお揃いの、こどもの日「5月5日」にしました。

mamo2.JPG
ニックネーム はぐみ at 13:04| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

奇跡の子猫(5)

チビにゃんこさんを保護した当日は、病気や虫などがあるといけないので
もんぺ丸さんとは別の部屋に隔離。

そして、翌日、獣医さんに連れて行きました。
ぴよ太郎くんの亡くなった病院です。
先生は「心を痛めているのに、よく来てくださいましたね」と
申し訳なさそうにしていました。
いえいえ。
先生は、とてもよくしてくださいましたから。
ぴよ太郎くんに贈ってくださった、お花のお礼を言って…。

おチビさんの健康診断をしていただきました。
結果は以下のとおり。

・検便 → 問題なし(寄生虫なし)
・血液検査 → 猫エイズ陰性
・ノミ・ダニ → なし
・耳ダニ → なし
・目 → 正常
・皮膚 → 正常

と、パーフェクト〜!!な健康体で、これまた、ビックリ。
正直、こんなムワムワした湿気いっぱいの時期なので、
ノミやダニは普通にいるだろうな、と思ったし、
ずっと外をさまよっていたので、寄生虫もいるだろうな…と覚悟していましたから。
まるで、なにか見えないバリアに包まれていたかのように、とてもキレイに健康だったのです。

…やっぱり、やっぱり、天使たちに護られていたんだね〜!!!!
よかった〜!!

mamo1.JPG
ニックネーム はぐみ at 16:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

奇跡の子猫(4)

6月12日(火)。
その日も、小雨が降っておりました。

夕方、食材の買い物にでかけ、
家に戻ってくると、玄関のところに、外猫トラやんが来ていました。
ごはんをあげるね〜、と用意していると…
なにやら、ニャーニャーと声がするではありませんか。

あ、あのチビにゃんこの声だ…。
でも、なんだか隣家の庭からではないような。
まさか、宣言どおり、うちの横の、林に投げ込まれた???

耳をすませ、あちこち移動して、声の出所を探してみると…
なんと!
どうやら、うちの駐車スペースから声がするようなのです。
「え?!!!」と思って、車の下を覗き込んでみると…


いたーーーー!
いました!!

なんと、うちの庭に来ていたのです!

でも…どうやって??

前にも書いたように、
隣家は家よりも土地が一段低いのです。
大人でも登れない高さです。
そこを、どうやって、うちの庭に移動してきたのでしょう?!
いくら考えても、不思議〜!!

きっとお願いしておいたトラやんと
守護天使たちがつれてきてくれたのに違いありません。

このチャンスを逃したら…後はない。
今日この解きが、私に与えられた機会。
そんな確信がありました。

なにしろ、警戒心が強い子で、
人間の姿を見ると逃げちゃうので…

焦らないようにして。
ゴハン(缶詰)の匂いで、誘い…
出てきたり、ひっこんだりすること、1時間半。

ようやく、チビにゃんこを確保することに、無事成功いたしました!!!!!!

この1週間、ずっと心を痛めていたので、
やり遂げた感と安堵とで、ホッとしつつ、ドッと疲れが…(笑)


ニックネーム はぐみ at 20:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月命日

ぴよ太郎くんが亡くなって、今日で一ヶ月。

まだ一ヶ月しか経っていないんだ…という思いと。
もう一ヶ月も経ったんだ…という思いと。
複雑に交錯しています。

なんで死んじゃったのよー!!という悲しみではなくて…
ああ、そうか…もう地球上からはいなくなったんだよね…という、しんみりした、寂しい感じじです。

亡くなった当初の、気が変になりそうな悲しさは通り越していますが、
やっぱり、寂しいもんは、寂しいのです。
それは、それだけ、ぴよ太郎くんのことが大切だったからですね。

そういえば…。
チビにゃんこを保護した日の明け方見た夢が、とても印象的だったのです。

〜糠床のような、赤茶色の土を入れた大き目の箱の底のほうに、
ぴよ太郎くんのカラダを埋めてあって。
それを、手をつっこんで、探っているのです。
もしも、ドロドロになっていたら、どうしよう(T_T)と、ちょっとビクビクしながら探っていたのですが、ぴよ太郎くんのカラダしっかり分解されたようで、もうどこにもなくて、ただ、ポロポロとした土だけが箱の中にあったのでした〜

夢の中では、それがわかって、ほっと安堵すると同時に、
ああ、とうとう身体も還っていったんだね…と、切ない寂しさも感じていました。

現実にも、庭の土に埋めましたが、
もう、きっと、分解されてなくなっている頃かもしれません。
そして、これは光の世界のぴよ太郎くんからの
「もう、ボクはしっかりと別の次元に移行したから、安心して!」というメッセージなような気がしてなりません。



ニックネーム はぐみ at 09:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

奇跡の子猫(3)

お隣さんは土地が一段、低くなっています。
その落差は、人間の大人の背丈ほど。
ですから、こちらからは、お隣さんの庭のようすがかいま見えるのです。

ある日、子猫の鳴き声が聞こえてきたので
窓から外を覗いて「どこにいるのかな〜」と観てみましたら。
庭に置いてあるテーブルの下にいました。
おお、姿、発見!と思ったのもつかの間。

なんと、鳴き声にひきつけられて
デッカイ、カラスが舞い降りてきました。
しかも、二羽も!!
あんな巨大なクチバシでつつかれたら、ひとたまりもありません。
カラス的には、子猫=美味しいお肉、なのでしょうが…。

思わず、自分の庭に出て
シーッ!!あっちいけ!!と叫んだり
手を振り回したりしてしまいました。
傍からみたら、一体何やってんだろう…な怪しい人です。
しつこく、カラスを見張っていたら、殺気を感じたのか、
カラスは去っていきました。
…良かった…(ほっ)

またある日は。
私が外出しているときに、夫が聞いたそうなのですが。
お隣の、例のおばあさんが、同敷地に住んでいる息子さんと
庭で会話していたそうです。
「あの猫、ひっつかまえたら、森に捨ててやる!」

…も、森に…投げ込むつもりですか…(ガーン)

これは…。
本当に、うちの庭に来てくれなきゃ、マズイです!
その晩も、守護天使に「どうか、うちの庭に来るように、ニャンコに伝えてください。サポートしてください」とお願いをしました。

(つづく)


ニックネーム はぐみ at 09:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

奇跡の子猫(2)

隣家では、追い払われて、厄介者扱いされている子猫。
うちの庭に来てくれれば、保護できるのにな…。

そこで、毎晩、守護天使に頼みました。
「もし、あの子が、私たちの保護を必要としているのなら、
うちの庭に来るよう、サポートしてください」

また、うちにゴハンを食べに来る
外猫・トラやんにも、声をかけて、お願いしておきました。
「今度くるとき、あのチビっこも一緒に、連れてきて!」

それでも、相変わらず、隣の庭から
ときどき聴こえて来る、鳴き声…。

梅雨シーズンに入り、雨でびしょびしょになったり
気温も寒いぐらいにグッと下がったり…
あの小さい身体で、どれぐらい持つのか…
どうか、どうか、命をお守りください…

そんな日々が、続きました。

(つづく)
ニックネーム はぐみ at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

奇跡の子猫(1)

前回の記事に書いたこねこ、
結局、あの後もずっと鳴き声が聴こえてきていて…。

でも、それは、隣家のお庭から。
隣家は、敷地内に4件ぐらい一族の家が建っている
それはもう広い土地なのです。
そして、たくさん植物が植わっているので、ジャングル状態。
そんなひろーい敷地に居る子猫を、探し出す…というのは至難の業。

本当は「子猫を保護させてください」とお願いしに行こうかとも思ったのですが。
そんなひろーい、ひろい敷地のどこにいるのかも分からない子猫を探すのは
無理だよねぇ…と思い、諦めていました。

ちょうど、その庭に子猫の姿をみかけたときに
隣家のおばあさんがでてきて。
子猫に近寄っていったので、てっきり優しく保護してくれるのか…と
ホッとしたのも、つかの間。

シッ!シッ!!と、追い立てているではありませんか。
ガーン…
あんなちっちゃい子なのに…。

うちの庭にいれば、保護できるのに!!!
そんな思いで、歯噛みしておりました。

(つづく)
ニックネーム はぐみ at 20:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

こねこ

2日前から、どこからか子猫の鳴き声がしていて…。

昨日、裏の家の駐車場にいるのを発見!
けれど、近づいていくと車の下に逃げ込んでしまう。
とっても警戒心が強い。

まだ、ちっちゃい。
2ヶ月弱ぐらいじゃないかな…。

今日も、朝はチラリと姿をみかけたのだけれど
それから鳴き声も聞かなくなった。

お母さん猫が探しにきてくれて、遭えたんだったらいいな…。


ニックネーム はぐみ at 22:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする